岡谷 スズキ こだわりの車屋ブログ SUZUKIST

スズキが大好きな2代目クルマ屋の奮闘記2009

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -
    << ラリージャパンDAY2速報!SS19でT.ガルデマイスターがトップタイム !! | main | 急げ!!今なら新車で買える軽ターボM/T >>

    ラリージャパン!スズキSX4が5位・6位でシーズン最高位を獲得!!

    0
      JUGEMテーマ:車/バイク


      スズキ、ホームラウンドを今季最高の成績でフィニッシュ!

      私がとても見に行きたかったラリーイベント「ラリージャパン」が終了しました。結果はというとスズキSX4が5位・6位フィニッシュで今シーズン最高位を獲得!!
      スズキファンにとっては最高のラリーだったことでしょう。今までの積み重ねがようやくここに来て成果を出し始めました。
      ただ、まだまだトップとはマシンの差(エンジンパワーやトラクションなど)があるようので更なる今後の熟成を期待します。
      WRC残り1戦も今シーズンの集大成としてがんばってほしいものです。

      5位入賞のPGアンダーソン。SS16のパンクがなければ、4位のCアトキンソン(スバル)より上位になっていたかも・・。今シーズン最高の走りでした。


      6位入賞のTガルデマイスター。ベテランの安定した走りが光っていました。SS19ではスズキSX4初のSSトップタイムをマーク!若干のマシントラブルがなければ、こちらはPGアンダーソンより上位でゴールできたと事でしょう。


      こんな岩がゴロゴロした悪路を高速スピードで疾走するSX4/WRC


      パンクは運が悪かったとしかいいようがないかも・・・


      ついに参戦1年目のスズキSX4/WRCがSS19でステージベストを奪取!


      SS16のパンクが悔やまれるが、あとは終始、今シーズンベストともいえる走りのPGアンダーソン!


      やったぜ!トニー!初のステージトップタイム!!さすがベテランドライバー!


      -----------------スズキWRCライブ速報より転載-------------------

      ラリージャパン総合順位
      1位 M.ヒルボネン(F) 3:25:03.0
      2位 J-M.ラトバラ(F) +31.1
      3位 S.ローブ (C) +2:30.6
      4位 C.アトキンソン(SB) +3:42.4
      5位 P-G.アンダーソン(S) +5:12.9
      6位 T.ガルデマイスター(S) +6:09.4
      7位 M.ウィルソン(F) +7:05.3

      ----------------------------各SSの結果------------------------------
      SS29 イメル4 2.57km
      P-G.アンダーソンとT.ガルデマイスターは、ラリー・ジャパン最終ステージをフィニッシュ。
      SX4 WRC 2台が揃って暫定総合順位5位・6位で完走し、マニュファクチャーポイント、ドライバーポイントを獲得。今季最高の成績でホームラリーを終えた。
      ●T.ガルデマイスター
      6位 2:08.5 +4.7
      ●P-G.アンダーソン
      5位 2:07.8 +4.0

      SS28 シコツ2 27.29km
      今ラリー最後のロングステージ。2台のSX4 WRCは難コンディションのコースを無事フィニッシュ。P-G.アンダーソンがまたもセカンドベストを記録した。
      残すは2.57kmのショートステージのみとなる。
      ●T.ガルデマイスター
      8位 18:52.4 +52.2
      ●P-G.アンダーソン
      2位 18:16.5 +16.3

      SS27 イワンケ2 13.57km
      T.ガルデマイスターが若干遅れると共にP-G.アンダーソンがセカンドベストを記録。ポジションを入れ替え、P-G5位-トニ6位となった。
      ●T.ガルデマイスター
      6位 9:04.2 +24.3
      ●P-G.アンダーソン
      2位 8:40.6 +0.6

      SS26 コイカ2 3.57km
      4本のステージを擁する午後のループのオープニングステージ。2台のSX4 WRCのポジションは変わらず。
      ●T.ガルデマイスター
      7位 2:15.2 +6.6
      ●P-G.アンダーソン
      4位 2:13.2 +4.6

      SS25 サッポロ5 1.49km
      札幌ドームでのスーパーSS。コースが雨で濡れており非常に滑りやすいコンディション。
      2台のSX4 WRCが同時走行でタイムを争ったが、この闘いはT.ガルデマイスターがWRカー内でのセカンドベストのタイムで勝利した。
      ※スーパーSSスタート直前に雨が止んだため、スタート順が遅いほど路面が乾きコンディションが向上している。そのため、ステージ順位ではWRカー勢が不利な結果となっている。
      ●T.ガルデマイスター
      3位 1:46.7 +0.9
      ●P-G.アンダーソン
      11位 1:47.8 +2.0

      SS24 イメル3 2.57km
      P-G.アンダーソンがM.ウィルソン(F)を逆転し6位へポジションアップ。SX4 WRCは5位・6位となった。
      ●T.ガルデマイスター
      7位 2:03.9 +6.6
      ●P-G.アンダーソン
      6位 2:02.7 +5.4

      SS23 シコツ1 27.29km
      今日唯一のロングステージとなる「シコツ」の1本目。T.ガルデマイスターは、M.ウィルソン(F)を4.7秒逆転。5位にポジションアップを果たした。また、P-G.アンダーソンがセカンドベストを記録。こちらもM.ウィルソン(F)を目前に捉えた。
      ●T.ガルデマイスター
      5位 18:23.2 +33.7
      ●P-G.アンダーソン
      2位 18:01.8 +12.3

      S22 イワンケ1 13.57km
      SX4 WRCを駆る両ドライバーは引き続き快調。T.ガルデマイスターは、M.ウィルソン(F)をジリジリと追いつめ5位の座を狙っている。札幌近郊には早くも雨が降り出した。
      ●T.ガルデマイスター
      5位 8:24.2 +11.2
      ●P-G.アンダーソン
      4位 8:20.5 +7.5

      SS21 コイカ1 3.57km
      T.ガルデマイスター、P-G.アンダーソン共に快調にオープニングステージを走破。
      ●T.ガルデマイスター
      8位 2:03.8 +3.6
      ●P-G.アンダーソン
      3位 2:01.4 +1.2

      詳しいスズキSX4デイ3レポートはコチラ>>

      スズキ車のお求めは
      親切・丁寧・実績のある当社スズキアリーナ岡谷(有)高林自動車へ

      にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へアルト・スプラッシュ・新ワゴンR情報満載のスズキ関連ブログもチェック!!
      モータースポーツ | permalink | comments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする