岡谷 スズキ こだわりの車屋ブログ SUZUKIST

スズキが大好きな2代目クルマ屋の奮闘記2019


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -
    << リフレッシュ「ジムニー幌車」その4! | main | リフレッシュ「ジムニー幌車」完成! >>

    リフレッシュ「ジムニー幌車」その5!

    0
      リフレッシュ「ジムニー幌車」いよいよ最終段階に突入です。
      今日は古くなったエンブレム外しについて。
      フロントフェンダー左右にjimnyのエンブレムが付いていますが、長年の使用でメッキも剥がれボロボロ。
      ボディーはピカピカになっても、そこだけ古くてとても気になります。
      思い切って剥がしてエンブレム交換する事としました。


      これが最初の状態です。

      ホットガンで暖めてエンブレムを剥がします。

      年数が経っている為、黒い両面テープが残ってしまいました。
      さらにこの車両、本来付いていたボディーサイドのストライプテープがこのエンブレムの周りだけ残っていました。
      前オーナーいわく「他の場所は気合で剥がしたけど、エンブレムまで剥がすのはもったいなかった」との事。


      残ったストライプテープ上の黒い両面テープごとホットガンで暖めながら剥がします。やはり年数が経っている為、今度はストライプテープの灰色の糊が残ってしまいました。


      この糊、剥がす事をやったことがある人はわかると思いますが、とても厄介です。
      シンナーでこすると少しずつ落ちますが、やり過ぎると塗装まで溶かしてしまいます。
      やりすぎないよう少しずつ気をつけてやっていくしかありません。

      そこで秘密のウラ技。
      この技は、私が長年整備をしてきた中から生まれた、とっておきのウラワザです。

      剥がしたい糊の上にティッシュペーパーをかぶせます。


      その上に秘密の液体(これだけは企業秘密です)を浸して1分ほど置きます。


      ティッシュを取り外し、すかさず次の作業へ。
      秘密の液体のおかげで糊がふやけていてプラスチック製のスクレッパーで簡単に剥がすことができます。
      この作業は、わずか30秒ほど。

      後は仕上げにマイクロコンパウンド入りワックスで磨き、このとおり!


      明日届く新品のエンブレムを貼り付ければ、この交換作業は終了です。

      ジムニーの修理・新車・中古車のご用命は、
      ぜひ、親切・丁寧・実績のある当社スズキアリーナ岡谷(有)高林自動車へ

      にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へランキングアップのためポチッとワンクリックお願いします


      修理 | permalink | comments(4) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | -

        この記事に対するコメント

        う、う、う、うーん・・
        スゴい。そこまでやるか。
        neo | 2007/07/17 11:32 PM
        以前JA11Vに乗っていましたが、ワックスを掛けたら、ストライプテープの色やエンブレムのメッキがはげたので、全て綺麗にはがしました。
        新車だったので、簡単でした。
        yoko.. | 2007/07/17 11:57 PM
        こんにちはneoさん、そしてはじめましてyoko..さん。
        yoko..さんのいうとおり、まだ新しい状態だとストライプテープを剥がすのは暖めてあげれば割と綺麗に剥がれますよね。
        ただし年数が経ってしまうと、とても大変です。また、あの頃のジムニーはわりと面積の大きいテープでしたからなおの事。
        neoさん剥がすのとても大変だったでしょう!?
        TAKA | 2007/07/18 6:42 PM
        おかげさまで、この車両の次のオーナーが決まりました。2名乗車に変更し車検をつけて納車となります。
        次期オーナーのK様、ぜひかわいがってあげてくださいね。
        TAKA | 2007/08/06 12:49 PM
        コメントする