岡谷 スズキ こだわりの車屋ブログ SUZUKIST

スズキが大好きな2代目クルマ屋の奮闘記2019


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -
    << スイフトのCVTについて | main | 「Traveler's Diary 〜ラリー日記〜」 >>

    SSシフターの取り付け

    0
      本日はお客様のご依頼により取り付けしたSSシフターのご紹介です。
      取り付けした車両は初代スイフトスポーツ(HT81S)。

      JWRCで黄色い弾丸の意味「イエロービュレット」がニックネームになったイグニススーパー1600をイメージした市販バージョンでした。

      今回、スズキスポーツ製のSSシフターを取り付けました。
      レバー比がノーマルから変更され、ストローク量も短縮。スポーツ走行時などに素早いシフトチェンジができるという代物です。
      支点からノブまでの距離を短くするのみではなく、支点とワイヤー取付部の距離を伸ばすことによって、より一層のショートストローク化を実現しているそうです。

      ノーマルの状態


      シフトノブとコンソールボックスを取り外します。


      そしてシフトワイヤーも外して、シフトレバーAssy丸ごと車両から取り外します。

      これが今回交換するスズキスポーツ製のSSシフター。
      シフトレバーAssyとスペーサー、ジュラコンシフトノブ、シフトパターンエンブレムのセットになります。


      ノーマルと並べて比較すると、レバーだけでも3センチショート化されています。



      但し車両取り付け時は床に3センチのスペーサーを使って底上げしますので、ノーマルシート時はシフトポジションは変わりません。
      スポーツシート交換時などのローポジションにした時は、このスペーサーを取り外しシフト高もローポジションにできる優れものです。ほんと、よく考えて作ってあります。
      さすが、スズキスポーツ!

      取り付け後は


      写真で見ると、ただシフトノブがノーマルからジュラコンに変わっただけにしか見えませんが、本当にシフトストロークは短縮されフィーリングもカシッとして、なかなか、その気にさせてくれるいい感じです。

      おまけ画像
      このお客様、クラッチレバーもショートストロークになったスズキスポーツ製フットレストセットも付いていました。
      定番中の定番ですね!


      当社では、このようなカスタマイズもご相談に応じます。
      お気軽にお申し出下さい。あなただけの特別な愛車のために・・・。

      にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へランキングアップのためポチッとワンクリックお願いします


      修理 | permalink | comments(1) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | -